メモ/LAN/外向サーバ

宅内サーバのセットアップ


何をする?

目的

  • 5月末で契約終了となる、PROXに置いてあるサーバの移設
  • ユーザデータやらなんやら全部移行して、DNS, mail, Webを立ち上げる

前提条件

  • 6/1のサーバ停止までにセットアップ
  • アカウント発行しているユーザがいるので、全てそのまま移行
    • できるだけユーザに負担をさせない(hostnameとか変えない)
  • 移設先は宅内、固定IPの余りがあるのでそれを使う
    • /29のネットワーク内
    • Bフレッツ環境、/29の固定ネットワーク契約

要件

旧サーバについて

ハードウェア環境

  • Pentium 133くらいのマシン
  • メモリは32M
  • HDDは2GB、既に1.7Gくらい使っている
    • HDDが不調で換装した時にハードウェア的には3GBになったみたいだけど、800Mくらいスワップにされてる。ひどい。

ソフトウェア環境

OS
RHL4.2(!)
  • 太古のOSなので、ソフトはものによってはコンパイルできない*1
DNS
bind4
  • 我ながら呆れる。
MTA
postfix
  • sendmailがトラブルになった時に野良インストールした
Web
Apache 1.2ほげ(?)
  • もう忘れた。穴だらけ。

とりあえず穴だらけのサーバであったことは間違いない。

ネットワーク環境

  • PROXのバックボーンは
    • PROX − KDDI 間 : 100Mbps
    • PROX − JPIX 間 : 1Gbps
  • バックボーンの分割比率は1:20くらいだっけか。

やっている仕事

  • ドメインAのprimary DNS server
  • ドメインB及び他の持ってるドメイン全部のsecondary DNS server
  • ドメインA関連のWeb全部
  • ドメインAのMXはこいつに向いている

その他の環境

  • rootはある
  • リモートで全て扱わなければならない
  • reboot失敗すると営業時間内まで戻らない
    • 単に電源ON/OFFで立ち上がらなくなると復旧手数料3万円(!)

新サーバ要件

ハードウェア

  • gonsuu?氏からもらったSocket7時代のATXマシン。
  • 詳しくは下記ハードウェアのところを参照。

OS

  • RHLは色々あるし、もう流行りじゃないし卒業したい。
  • FreeBSDは他にあるサーバで触っているので、今度はDebianにしてみようと思う。

サーバ

  • DNSはbind
  • MTAはpostfix
  • WebはApache

かなり王道気味。

新サーバ

ハードウェアの構成

  • おともだちのgonsuu?さんからもらったATXマシン
    • gonsuu?さんありがとう〜

概要

  • ASUS P/I-XP55T2P4にいろいろ。
    • 構成は素直なので、多分問題は起きないはず。
  • 元々ついてたIDE RAIDカードはディスクの手持ちがないので取り外し。
    • つきっぱなしだとエラーとか発生するし。
    • 将来的には活かしたいところだけど、ベイの空きがないかな。
    • 強制排気ファンだと思ってた5インチベイ2つがファン付きマウンタでした。
      • そのうちRAIDカード刺してRAID1か0+1にでもするかなぁ。
  • HDDは元からのSCSI 2.1GにIDE 8.4Gを足しただけ。

最終的なハードウェア構成

M/B
ASUS P/I-XP55T2P4 Rev. 3.00
CPU
AMD K6-233ANR (core 3.2V, I/O 3.3V)
Memory
128MB (32*2*2)
HDD1(hda)
IDE 8.4GB (Western Digital Caviar 84AA)
16383cyl, 16heads, 63sct
HDD2(sda)
SCSI 2.1GB (IBM DORS-32160)
CD-ROM
TEAC CD-56E (6x)
MO
OLYMPUS MOS33
SCSI I/F
Adaptec AHA2940AU
Network I/F
Planex FNW-9700-T
VIA VT86C100A

M/B関係

BIOS書き換え

  • patched BIOS 0207_2 J.2を使用
    • K6/233と出るようになる
    • HDDの128GB対応*2
    • K6-2等対応済み*3

  • 最初BIOSは0207に書き換え。
  • 下記CPU再換装の時に0207_2 J.2に再書き換え。

CPU換装とジャンパ設定

  • Vcore設定を2.9Vに
    • K6/233は本来Vcore 3.2Vだが、3.2Vを供給するためには簡単な改造が必要
    • 3.3Vなら、Vcore設定用ジャンパを全部抜けば供給できるが、ちょっと危険
    • テスターもないし、時間もないので電圧低めで動かしてみる
    • 動きそうだという根拠は http://overclocker.wakusei.ne.jp/K6.html
  • clock設定は66MHz, 1.5xにしておけば3.5xまで対応する。

とりあえずこれで動いた。


  • 当初、133MHzと出ていたので手持ちのP55C-166に換装してしまった。
  • 後からK6-233であることに気付いて再換装。

ソフトウェア関係

OS

  • Debian/GNU Linux 3.0r2 (woody)
    • bf2.4

ネットワーク

  • Bフレッツ
    • ニューファミリー
  • EditNet? 固定IP8
    • /29 netmask

DNS

  • bind9

Mail

  • postfix

Web

  • Apache 1.3.26
    • updateが必要
    • あとでやる

リンク集

ハードウェア

BIOS

K6関係

ソフトウェア

Debian

その他


コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • コメントspamのため凍結
    • Simon 2008-06-06 (金) 01:50:37
お名前:

*1 glibc2どころかlibc5
*2 未確認
*3 未確認
*4 改造が必要だし

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-26 (火) 14:05:24 (2347d)